バストアップに効果がある事

女性の悩みで特に多いのは、バストです。
少しでも大きくしようと努力をしている人も多いのでは無いでしょうか。
私も元々胸の大きさにコンプレックスを抱いていました。
平均よりも小さかったので、水着になるのも躊躇ってしまう程でした。
また、バストアップ出来ると聞いた物はとことん試して来ました。
例えば、豆乳や腕立て伏せ、サプリメントなどです。
様々な事を試した結果、一番効果を感じたのはマッサージでした。
方法としては、お風呂に入っている時に、脇から寄せ集める様にして揉むのです。
そんなに力強くする必要も無いので、無理なく続けられます。
他には、少し抵抗ある方法ですが、少しだけ太ります。

人間は寝ている時間が一番女性ホルモンを分泌しやすいと言われています。時間でいうと、夜の11時から深夜2時ごろが一番女性ホルモンが分泌されやすい時間帯であるとされていますが、実際は眠りについてから2時間後が一番女性ホルモンの分泌が多いとされています。すので、夜9時か10時に眠るようにすると、一番女性ホルモンが活発に働く時間とかぶり、女性ホルモンをの分泌を促進することができるのです。(引用:良質な睡眠によってバストアップを目指す方法

バストは脂肪なので、私の場合太ったら自然とバストが大きくなりました。
その後ダイエットをしたのですが、胸だけは落ちずに体重を減少させる事に成功しました。
今でも、そのバストは維持できています。
ですが、この方法は個人差があるので、あまりお勧め出来ません。
個人の経験を通して学んだ事は、豆乳やサプリメントはあまり効果が期待出来ないという事です。
筋トレで胸筋を鍛えるのは、綺麗な形を維持するのに良いかと思います。
ですが、バストアップにはあまり期待出来ません。
バストアップしたいと願う女性には、絶対マッサージをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加